山形牛のハンバーグ

牛肉の食べ方の最後を飾るのは“ハンバーグ”、今まで出て来たステーキや焼き肉等の単純な食べ方と比べると、ハンバーグは一番調理に手間や技術が必要ですね。ハンバーグは元々、ステーキにしては食べにくい固い肉を美味しく食べる為に作り出された料理ですので、調理法に手間が掛かるのも納得です。

さて、最近では牛肉100%のハンバーグをイチオシメニューとして販売する店が増えてきています。店で食べるとふんわり美味しいハンバーグに仕上がっていますが、さあ、家で挑戦だと意気込んで山形牛100%のハンバーグを作ってみると固くてパサパサなハンバーグしか出来なかったなんて事も良くある事です。やっぱりお店では高級なお肉を使っているから美味しいんだろうと無理やり納得していましたが、実は努力が足りなかったみたいです。

米沢牛 通販

ハンバーグに使う部位は、赤身が多いモモ肉・ウデ肉・スネ肉・ネックが主に使用されます。しかし、私達素人は大抵1種類多くても2種類程度の部位しか混ぜる事はしません。そこが、お店のハンバーグといまいちなハンバーグとの分岐点。実は、プロは何種類もの肉を混ぜ合わせて、ハンバーグを作っているのです。更には、部位ごとに異なる脂肪の入り方を見て絶妙な配合バランスで作り上げます。やはり店でしかあの味は出せないのかと嘆いたあなた、ご安心を。家庭でも出来る美味しい牛肉100%の作り方があるのです。

農林水産省/油脂やトランス脂肪酸の健康に与える影響

そのハンバーグ作りのコツはただ一つ、ハンバーグをこねる際に出来るだけ手を触れないという事です。その理由は、山形牛の脂は手の温度でも溶け出すという事。折角の上質な脂が手でこねている時に流れ出してしまい、食べた時にはパサパサになってしまうという訳です。そこで、こねるのはボールの中でスプーンを使ってじっくり時間を掛けて行います。最後の成形の時は、氷水や保冷剤で手を冷やしてから手早く行うのがベストです。味付けや他の工程は普段通りで構いません。

アラキドン酸 - 健康マトリックス

こうやって時間とちょっとした手間を加える事で、ふっくらジューシーな牛肉100%の山形牛ハンバーグが完成します。時間と根性のある方、是非チャレンジしてみてください。