一番の省エネって一体なんなんだろう

社会を動かしているのはエネルギーだと言っても過言ではないですよね。いまや生活に必需品となってしまったパソコンやインターネット、携帯電話などの通信機器は全て電気で動いており、一般家庭にあるテレビ・エアコン・洗濯機という家電類も当然のことながら電気で動いています。さらに私たちが毎日出勤や通学の時に乗っている車やバスなどはガソリンで動いていますから、今現在のテクノロジーはほぼ100%エネルギーに依存しているのです。

太陽光発電 導入までの道のり

しかしそんなエネルギーにも色々と問題があり、エネルギー資源の枯渇があれば、火力発電などそのエネルギーを生み出す際にCO2などの環境に悪い物質を排出してしまうこと、昨今の原子発電所問題からもわかるような生命の危険に繋がるような問題など挙げてみればきりがありません。それゆえに、このようなエネルギー問題を考える時にはそのエネルギーを極力使用しない省エネを意識しなければならなくなるのです。しかし、その省エネの中でも、一番の省エネって一体なんなんでしょう。

エコエネルギー導入等補助金制度 | 愛知県田原市

私が思うには一番の省エネは電力や燃料などを必要とするものを使用しないことではないかと思います。車だってどれだけエコドライブを心がけたとしても、車にのらないという選択肢には省エネの観点では勝てっこないです。それは電化製品にも言えることで、そもそも使用しなければ電力そのものを消費しないのですから、これ以上の省エネは存在しませんよ。

特長:UPS(無停電電源装置) | NEC

エネルギーについて関心があり、環境の為に少しでもエネルギー消費費用を減らしたいと考えている方は、無駄につけてしまっている家電の電源を切ったり、車の使用頻度を減らしたりすることから取り組んでみませんか。